人気ブログランキング |

タグ:日本語 ( 3 ) タグの人気記事

ダーティ・ハリー

f0228680_9424729.jpg

モンドセレクションの銅賞って初めて見ましたウンノです。

日本語って難しいもので、同じ言葉で正反対の意味にとられることがあります。

たとえば、悪質訪問販売や電話の勧誘などでよく使われる手口で、
「けっこうです。」
と断ってるのに、
「けっこうなことですね。」
と肯定の意味にとられて、無理やり契約を結ばされたり。

他には、VOWに載ってた物件で、
「ナイモノはナイ!」
と書かれた商店のカンバンがあるんですが、
「なんでもそろう、品ぞろえが豊富な店」という意味ととらえるか、「品ぞろえがとぼしいことを開き直る店」ととらえるか、まったく正反対となります。

実家にあった映画の解説本。
『ダーティ・ハリー』を説明する一文で、

通称ダーティ・ハリー(このダーティは人のいやがる仕事を引き受けるのでつけられたもの)

と書かれてます。
人がやりたがらない危険な仕事をすすんで引き受けるという豪快な刑事ということなんでしょうが、
僕はなんとなくこの文章を読んで、
ダーティ・ハリーが、小枝についた毛虫を子供に近づけて笑いながら追いかけてる姿を想像してしまいました。
あ、以上です。

映画(全般) ブログランキングへ

by gotsutei | 2012-10-20 09:58 | 映画 | Comments(0)

変化する日本語

静岡だいいちテレビの地デジ放送がノイズ出まくりで困りますウンノです。

日本語というものはどんどん変化していくものです。
美しい日本語を末代まで伝えていくことも大事ではありますが、その一方
言葉は生き物なのでどんどん姿を変えて行きます。

川根本町あたりの方言で
「やんばいです」
という挨拶があります。
これは
「いい塩梅ですね。」(よいお日柄ですね)
が変化したものです。
だから、若い人たちが昔とは異なる日本語を使っていても必ずしも悪いことではないと思います。
いまだに、貴族や武士の言葉で話している人もいないわけですので。

それでですね。
あいさつなどは、変化の仕方がはげしいです。
ひんぱんに使う言葉なので、より省略されて発声しやすくなっていってるのではないだろうか。

例えば
「おはようございます。」

「あざーす。」
『とくダネ』の小倉さんは
「あざまーす。」って言ってます。
英語だと「other Mars」(その他 火星)ですね。

「おやすみなさい。」

「あーせんさい。」
英語だと「earth and side」(地球 そして 横)
ですね。

おお、これは、惑星関係で日本語の挨拶の英語表記ができるのでは!
といきり立ってみましたが、残念ながらこの二つしか思い浮かびませんでした。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-10-01 10:16 | 趣味 | Comments(0)

日本語の"伝えよう!"というチカラ

f0228680_8185483.jpg

吉野家のどんぶりに後光が差してますウンノです。禅さんありがとうございました!!どんぶりの中は親子丼です。

日本語ってのはたいしたもんでな(七人の侍の平八の口調で)。
ちょっとぐらい、文法がおかしくても。漢字が違っていても。
なぜだか意味が伝わってきます。

絵文字など使わなくても、感情が伝わってきます。

f0228680_8245598.jpg

「犬の散歩を禁止
タバコの投捨て等
呑み等の缶を捨てるな」


このカンバンを見てつくずくそう思ったのです。
「捨てるな」だから怒りの感情が伝わるってわけではなくて、
どこに「怒りのポイント」があるかというと、
「呑み等の」←激しい怒り

文字数が異なる3行がきれいに納まっている←静かな怒り
というところではないか。おお、そうじゃ。
 人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-08-10 08:35 | 街で見つけたモノ | Comments(2)