人気ブログランキング |

タグ:川根本町 千頭 ( 9 ) タグの人気記事

千頭へ行ってきました2019


12日は臨時休業とさせていただきまして、母方の祖父母のお墓参りに川根本町千頭へ行ってきました。ご連絡をいただいたお客様ご迷惑をおかけいたしました。
なにぶん2月にはいろいろありまして、ぜひともお墓参りに行った方がいいですねということでした。
 お墓への道が工事で通行止めとなり遠回りするというハプニングがありましたが、無事にお墓参りを済ませ、千頭駅周辺をぶらぶら。
千頭駅周辺で、僕の兄・弟が懐かしむと思われる写真を撮りました。
f0228680_08383701.jpg

何度もブログに登場している千頭駅。

千頭駅を背にして、千頭のメインロード。


f0228680_08402317.jpg

まだ存在していた横断旗。

f0228680_08411824.jpg

昔、買い物をしたことがあり、今は閉店してしまった食料品店。

f0228680_08422106.jpg

千頭駅から母の実家に歩いていく途中に目にしていた「やんばいです」。

f0228680_08431891.jpg

写真ではわかりにくいのですが、けっこうな角度で展示販売されている中古車。

f0228680_08442777.jpg

ちょうどいいタイミングでSLが駅に到着しまして、たくさんの観光客が降車してきました。トーマス効果や鉄道ブームなどで、確実に昔に比べて訪れる人が増えている印象です。
 でも、僕の目には昭和の千頭風景がまだ色濃く残っており、千頭に行くと数日間は「懐かし病」にかかってしまいます。

このあと、川根温泉のコテージで一泊しました。

by gotsutei | 2019-03-14 08:50 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

千頭駅は、こんな駅です


千頭駅
f0228680_15004300.jpg

これは現在の駅舎です。ネットで「千頭駅 昔」と検索すると、昭和58年当時の旧駅舎の写真を掲載しているブログを見つけることができてとても懐かしいです。

f0228680_15024044.jpg

おそらく寄付で集められたと思われる本が自由に貸し出され、他の駅で返却してもよいという優しさに包まれたサービス。

f0228680_15040081.jpg

冬の寒い時期にはひざ掛けも自由に貸してくれるという優しさに包まれたサービス。
千頭駅は駅舎が新しくなっても、トーマス効果や鉄道人気再発効果によって観光客が増えても根本的には地元の人とともにあることがわかります。

f0228680_15075963.jpg

以前よりも記念品価値が増しているような入場券でホームに行ってみました。

f0228680_15091418.jpg

ホームの方から駅舎を見るとこんな感じです。

f0228680_15100796.jpg

広告看板がイイ味出しているのでいろいろ撮ってみました。
f0228680_15105942.jpg

f0228680_15112162.jpg

f0228680_15114679.jpg

f0228680_15122086.jpg

古いものばかりでなく、
f0228680_15130117.jpg

トーマスのプラレールのタワーがあったり、
f0228680_15134219.jpg

萌え要素もあったりします。

2016年の5月ごろに千頭駅に行ったときは、
f0228680_15142380.jpg

パーシーとヒロにはブルーシートが中途半端に掛けられて風邪でマスクをしているように見えていたんですが、
f0228680_15160175.jpg

シーズンオフの今ではキッチリと囲われており、これはこれで良いことなんじゃないかと思います。
f0228680_15172004.jpg

そしてタイミングよくSLが到着。SLの蒸気の音って呼吸しているみたいで、擬人化したくなるのもわかります。入場料150円でこれだけ堪能できるって素晴らしい。

by gotsutei | 2018-03-16 15:20 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

もりのコテージに行ってきました


13,14日は連休を取らせていただきまして、私の両親・私夫婦と息子の5名で川根本町の「白沢温泉もりのくに」にある「もりのコテージ」に行ってきました。
まずは、川根温泉笹間渡の近くの「かわねや」にて昼食。
f0228680_09114272.jpg

いつもは天ざるを4人頼むのですが、ボリュームがありすぎて満腹になってしまうので、天ざる2とざるそば2で天ぷらをシェアすることに。
f0228680_09191422.jpg

ここの蕎麦はホントにおいしいです。田舎に行くと、ほかに店が無いから繁盛しているという食堂がありますが、この店はここを目的に遠くから来る人がいるくらい美味しいです。
かわねやから、30分ほどで千頭に到着。お墓参りを済ませて、千頭駅へ向かいます。
f0228680_09220394.jpg

駅の正面はおなじみですが、
f0228680_09224107.jpg

駅を背にしたこの光景。僕の兄弟が懐かしむ光景です。この道をまっすぐ行って鉄橋がある交差点を左に行くと母の実家があります。
僕の脳内での千頭は駅~母の実家およびその周辺歩いて行ける範囲のみ。そこを見ることができるだけで満足します。
千頭駅構内には入場券を購入して入りましたが、後日その様子を書きます。
千頭駅から「もりのくに」までは車で約5分。
f0228680_09271618.jpg

時の栖が運営するこの施設でコテージのチェックインをします。コテージ宿泊者は温泉料金が少し安くなります。
宿泊するコテージはこれ。
f0228680_09284169.jpg

裏から見ると、
f0228680_09290894.jpg

家電・調理器具・アメニティほぼすべてそろってます。食材を持ち込んで自由に過ごせ
ます。
昨年キャンプした場の近く、
f0228680_09304226.jpg

川のそば、
f0228680_09311741.jpg

巨石がゴロゴロです。
f0228680_09315294.jpg
f0228680_09320901.jpg

シカの足跡もあります。
河原でひたすら石を投げたり、巨石に上ったり下りたり、流木を集めてたき火をしてマシュマロを焼いたり、ものすごくくっきりしたオリオン座やカシオペア座をみてキュンとなったり3歳の息子と同レベルになる42歳33歳夫婦と70歳68歳夫婦でした。

シーズンオフの平日で、他のコテージには宿泊客はいませんでしたが、夜中に外を走る音がして驚きましたがどうやらシカの走る音だったようです。自然が体に絡みつくような2日間でした。とても良いところです。

by gotsutei | 2018-03-15 09:39 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

千頭でキャンプ


15,16日に川根本町の千頭へ、母方のお墓参りを兼ねて、キャンプをしに行きました。息子は初キャンプ。
f0228680_08583959.jpg
千頭へ行く途中に毎回必ず立ち寄るお蕎麦屋さん「かわねや」で腹ごしらえ。
f0228680_08593853.jpg
味、ボリューム文句なしの天ざる蕎麦。食べていたら、遠くからSLの汽笛。急いで振り返ると対岸の大井川鐡道の線路に「ジェームス号」が走っていて、息子は興奮気味。千頭に着いてお墓参りを済まして、八木キャンプ場へ到着しました。
f0228680_09025598.jpg
川岸よりも一段高い、森スペースにテントを設営。息子はさらに興奮気味。
f0228680_09041304.jpg
f0228680_09042703.jpg
天気は弱い雨模様で川霧が漂っています。水遊びはできませんでした。
f0228680_09053352.jpg
釣り以外はアウトドア初心者な私ですが、どうにかこうにかかまどを完成させました。川岸から大きい石を運んでいると、「嗚呼、このために体を鍛えてきたんだなあ」と筋肉に想いをはせました。
f0228680_09074637.jpg
息子は火を扇ぐのがお気に入り。
f0228680_09084679.jpg
苦労してかまどをつくったあとから、この炊事場を見たときは苦笑してしまいましたが。自然石を使った筋トレだったと思えば良し。
f0228680_09105017.jpg
正方形に葉が広がる植物。
f0228680_09113100.jpg
『仁義無き戦い』に出てきそうな建設現場事務所のような廃墟がありまして、覗いてみたら、
f0228680_09124615.jpg
ダイナマイトと書かれた段ボールがありまして、何やらハードボイルドな香りがしました。このキャンプ場は管理が行き届いてますしトイレも使いやすく、川の音のため他のテントの人たちの声もほとんど聞こえず、とても良い環境でした。今はシーズン中なので晴れていれば利用客はたくさんいるそうですが、この日は悪天候なのでむしろ人が少なくてのんびりできました。翌朝は雨が強くなったので朝食後は急いで片付けて千頭駅へ向かいました。

by gotsutei | 2017-08-18 09:16 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

千頭風景2

両国のつり橋からの風景を堪能した後、千頭駅へ向かいました。

f0228680_9273687.jpg

最後にここに来たのが2012年でした。当時と違い、駅のいろんなところにトーマスのステッカーやポスターが貼られてます。

f0228680_9322893.jpg

駅の改札の向こうを見ると発車準備中のSLと、おそらくヒロとパーシーと思われる後ろ姿が見えました。
息子に見せるため、線路沿いへ向かいます。おじいちゃんはSLのワンカップを片手にご機嫌です。
f0228680_9411064.jpg

撮り鉄だけでなく、運転中の営業車からも人が降りてきて写真を撮ってます。SLが発車するとその向こうにいるヒロとパーシーが見えたのですが・・・

f0228680_943254.jpg

風邪をひいてしまったかのようにブルーシートのマスクをかけられてしまって残念。むしろすべて覆い隠した方が良いというものです。

f0228680_9443561.jpg

駅前にはこういうポストも稼働中。

千頭はトーマスやSLブームで以前より観光客が増えているようですが、思い出が壊されるような開発が行われていないので、安心して行くことができますね。

おまけ

f0228680_9471025.jpg

笹間渡駅にて。メキシコ寿司???

静岡県 ブログランキングへ

by gotsutei | 2016-06-03 09:49 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

千頭風景1

31日と1日は連休を取らせていただきまして、母の故郷の川根本町千頭へ行ってきました。僕の両親と僕ら家族で。息子は初千頭。

f0228680_8471246.jpg
f0228680_8472664.jpg

川根温泉の手前の、「かわねや」でボリューム満点で美味しい天ざるで腹ごしらえ。

途中、ナビが反乱を起こし、とんでもない道へ誘導されましたが、どうにか千頭へ到着。
お墓参りを済まして、景色のいいところへ。川根両国駅近くのつり橋へ行きました。
f0228680_850110.jpg

千頭の雰囲気を感じる風景。

f0228680_8505348.jpg

f0228680_8511040.jpg

たぶん僕が子供のころから変わってないと思います。

f0228680_8521670.jpg

剥がれ落ちたがれきが放置されていてもそれが嫌な風景にならないおおらかさ。

f0228680_8531640.jpg

f0228680_8533155.jpg

今までに見たことが無いホーロー看板が簡単に見つかります。新しい住宅も増えてはいるのですが、明らかに時間の流れが遅いんです。
このあと、千頭駅へ向かいました。

静岡県 ブログランキングへ

by gotsutei | 2016-06-02 08:56 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

千頭報告の2

明治製菓のロゴと、
f0228680_8503743.jpg

ムヒのロゴが似てると思いましたウンノです。
f0228680_8512787.jpg


昨日の千頭報告の続きです。

千頭には僕が子供のころの30年以上前、それ以上もずっと前からいまだに営業を続けている店がありまして、時間が止まってしまっているかのような錯覚を起こします。
f0228680_8544877.jpg

こちらのお店、子供のころに花火を買ったりした、生活雑貨のお店
f0228680_8555874.jpg

「ノンキ堂」です。

こちらのお店は、
f0228680_8565783.jpg

千頭駅近くの「横内酒店」


ほかにも、「魚惣」「風間酒店」などなど・・・
僕らが子供のころはもちろん、母が幼いころから同じたたずまいで今も営業している店がたくさんです。


お店以外にも、
f0228680_8593446.jpg

「清水館」という旅館の横のこの階段をくだると、

f0228680_903391.jpg

ごく短い地下道のようなものがあり、
f0228680_912026.jpg

「ザケンナヨ」なんていう落書きを横目に進むと、

f0228680_923175.jpg

線路の下を通ります。

その先には、
f0228680_932366.jpg

昔と変わらず、澄んで冷たい大井川。

千頭はガラッと大きく変化することなく、これからも同じままでいてもらいたい。
たまに行く人間のわがままではありますが、コンビニやドラッグストアなども作らないでほしい。
間違っても道路拡張などをして地形がかわってしまうなんてことはしないでほしい。
千頭そのものを透明なプラスチックドームで囲って自然も街も人も世界遺産に登録しちゃってください。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2011-07-15 09:16 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

千頭報告の1

f0228680_12462568.jpg

熱い血潮のトラック野郎の店!!ウンノです。

『男はつらいよ』の22作目を観て以降、千頭に行きたい熱が高まっておりまして、昨日お墓詣りを兼ねて行ってまいりました。

比較的、道が安定している島田方面から大井川鐡道に沿って北上してきました。
途中、
f0228680_12494661.jpg

『ナニコレ珍百景』でも紹介された塩郷のつり橋を通過し、

方言丸出しの看板を見かけるようになると、
f0228680_1252694.jpg

幼いころに頻繁に千頭に来ていたときの興奮がよみがえってきます。

閉店しているコンビニは、
f0228680_12532924.jpg

FamilyMartにそっくりな「ForestMart」。

千頭に到着。
f0228680_12552048.jpg

千頭駅近くでは、
f0228680_1255485.jpg

白目をむいてる茶娘像が迎えてくれました。

この
f0228680_1257611.jpg

「やんばいです」が千頭気分を一層盛り上げます。

映画で、寅さんとピン子さんが歩いていた風景は、今はこんな感じ。
f0228680_12583477.jpg

右側ののぼりの立っている食堂が、寅さんがピン子さんに食事をおごった「おざわ屋食堂」
正面の薬屋さんが、今は経営者がかわりましたが、母の実家です。

その後寅さんは、
f0228680_1321076.jpg

バスに乗ってこの橋を渡って行きました。

千頭は昔に比べると、細かいところではいろいろと変わってきてますが、大まかにはまだまだ昔の
ままにいろいろ残っております。「え!?まだこの店営業してるの!?」という発見もたくさんです。見ているだけでなんだかウルウルしてきます。
明日は、さらに昔の記憶を呼び戻すいろいろな遺産について書きます。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2011-07-14 13:10 | 旅行 おでかけ | Comments(0)

千頭とミイラ

ヨイッ、ホイッ、サッ
f0228680_1174037.jpg

これ良い写真ですウンノです。


ふと嗅いだ匂いが記憶を呼び覚ましたという経験はだれしもあると思います。
専門的には
「プルースト効果」
というらしいです。マルセル・プルーストの「失われた時をもとめて」という小説で、紅茶の香りが幼年期の記憶をよみがえらせたという一文から、そう呼ばれているそうです。


高校生のころ、ホームステイで一ヶ月ほどイギリスに行っていたことがあります。
ロンドンの大英博物館に行き、ミイラを見ていたときのこと。
ミイラ部屋にたちこめる干物の匂い。
干物といっても新鮮な魚屋さんのではなく、乾物屋さんの匂い。
たしかにミイラは人の干物だなあと感心していましたら、
脳裏に母のふるさとの「千頭」がよみがえってきました。

千頭駅近くの「横内」という食料品店と同じ匂いでした。
イギリスにいて、日本のさらに限定された千頭を思い出すとは思いもよらないことでした。


社会人になって、清水に住んでいた2004年ころ。
ふと立ち寄った床屋さん。
店主はあきらかに80歳以上で、壁には軍人時代の賞状が掛けられていました。
そこの床屋の匂い。
古い日本家屋独特のすえた匂い。壁の細かいタイル。
またも千頭を思い出しました。

千頭の記憶はいまだに脳内に潜んでおり、さまざまな匂いがスイッチとなって突然自己主張を始めます。

by gotsutei | 2010-06-28 11:30 | 整体 健康 | Comments(2)