人気ブログランキング |

<   2014年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

部分的可愛さ

猫のかわいさっていうのは、顔だけでもなく全体像だけでもなくほんの一部分だけにも可愛さが宿っているものです。

f0228680_9231142.jpg

後ろ向きのこの丸っこさ。

f0228680_9233874.jpg

このときどんな顔をしているのか想像するとかわいさが増します。

f0228680_9241795.jpg

しっぽだけでもこれだけのかわいさ!

f0228680_9252977.jpg

前脚のほんの一部分だけでもこのかわいさ!

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-12 09:27 | 動物 | Comments(0)

飛び出し看板のスピード感

飛び出し看板は、それを見たドライバーに危機感を持たせてスピードを落とさせ事故を防止するということが目的だと思いますので、その看板のスピード感というのは案外重要な要素ではないかと思ったりするのです。

そうすると、
f0228680_9353863.jpg

この品の良さそうな坊やでは、スピード感に欠ける気がします。この坊やの風貌では無謀な飛び出しもしないような雰囲気です。

かたや、
f0228680_9531914.jpg

この坊やは、壁をぶち破ってきたような珍しい正面タイプ。左右確認?なにそれ?といった顔。もしこの坊やをもっと拡大して、縦長の形の看板にして、電柱に括り付けたら効果てきめんな気がします。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-10 09:56 | 街で見つけたモノ | Comments(0)

合体文字

いつだったか、弟が言っていたんですが、
「文章を急いで手書きで書いていると、前後の漢字が合体して一つの新しい漢字が生まれてしまうことがある。」云々。

どういうことかこの文章だけではわかりにくいので、図にしてみますと、
f0228680_940075.jpg

Aがふつうに書いた「電話番号」。Bが合体漢字が生まれた「電話番号」。「話」のごんべんを書いた時点で勢い余って次の「番」を書いてしまい新しい漢字が生まれる仕組みです。

なぜ、こんなどうでもいいことを書いているのかというと、
f0228680_9461394.jpg

ジャガ芋がジガ芋になっているんですが、ホントにジガ芋かというと、小さな「ャ」に「゛」がついているので「ャ゛」という発音できない新しい合体文字になっているという高難度なモノが発見されたからです。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-09 09:50 | 街で見つけたモノ | Comments(0)

夢に見そうな路地

長谷通りから住宅地に入ると若宮八幡宮があります。
この八幡宮とその立地がなんだか夢に見そうな感じでグッときます。

f0228680_810892.jpg

八幡宮へと延びる参道のほどよい狭さが異世界へつながっているようです。

f0228680_8113976.jpg

ここにある巨大なクスは見ごたえあります。
この位置から右へ向くと、
f0228680_8122490.jpg

行き止まりに見える路地が。

f0228680_8142463.jpg

隠れ家的カフェってこういうお店を言うんでしょうか。

f0228680_8151338.jpg

ここで行き止まりかと思いきや、

f0228680_8154110.jpg

ジグザグしてその先がありました。このジグザグっぷりが夢に見そうなポイントです。

f0228680_8165350.jpg

車が通れない狭さが高ポイントです。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-08 08:19 | 静岡 | Comments(0)

ギリギリ誤植

昔っからアジア製の商品の説明書きなどには、間違った日本語が書かれているというのが定番でありまして、それを探すのが楽しみでもあります。

中国製の、
f0228680_1062465.jpg

木製の棚の説明書きがありまして、

f0228680_1065620.jpg

この独特の不安定さ。漢字はゴシック体で、ひらがなの小ささはこういった説明書きにありがちな書体です。
誤植の大量発生に期待が膨らんだのですが、

f0228680_1083894.jpg

見つかったのは、「真っ直ぐ」の「直」の字のみ。しかも、中国ではこの字を使っている可能性もあるので誤植とも言い切れないかも。以前と違って最近はチェックも厳しくなったのか、豪快な誤植は見つけにくい状況にあります。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-07 10:12 | 街で見つけたモノ | Comments(0)

ペット向け看板コレクション6

f0228680_10584112.jpg

なんだか長老様みたいな言い回しの誤植です。

ペット向け看板が何種類もあるということは、それだけフンの始末を怠る飼い主がいるということであります。

f0228680_1059496.jpg

このフンだとペットの仕業か、飼い主の落し物か迷います。

f0228680_1111096.jpg

フンに色を付けるとなまなましくなるせいか、ペット看板には色なしのバリウムフンをよく見かけます。

f0228680_112288.jpg

なぜだかこれを見てカワイイなと思いましたが何故だろう。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-06 11:05 | 街で見つけたモノ | Comments(0)

怒り爆発看板

葵区某所の花壇を管理している人は、とてたくさんのも愛情を注いで花を育てているらしく、花の名前や説明を書いた看板を掲示してあったり熱心さが伝わってきます。
そんな熱心な人がひとたび怒り出すと、
f0228680_9244079.jpg

このように怒り爆発な看板を立てるに至ります。とくに最後の一行に怒りの度合いの大きさを感じます。『警察24時』のような番組のナレーターに読んでもらいたい。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-05 09:32 | 街で見つけたモノ | Comments(0)

ホントに怖いフォント

「ホラー映画」、というより1980年代くらいまでの「恐怖映画」と呼ばれるジャンルのポスターを見ると、
f0228680_9295488.jpg

こういう書体や、
f0228680_9305070.jpg

こういう書体でタイトルが書かれているものが多いです。

そういうものだという刷り込みのせいか、街でこういった怖いフォントを見つけるとドキドキしてしまいます。

f0228680_9324046.jpg

このとんがった手書き感のある文字。

f0228680_9331899.jpg

とくに「ヴァ」の部分が怖い。叫びのようです。

f0228680_9351576.jpg

これは日本の「怪談映画」にありがちな書体です。美味しさと真反対な書体はダイエット効果ありです。

f0228680_9372517.jpg

前にもこのブログに載せましたが、「ソルフェージュ」がそのまんま映画タイトルみたいです。

f0228680_938293.jpg

これも以前に載せましたが、今のところ最強の恐怖書体店舗です。蔦の絡まり具合も一層雰囲気を醸し出してます。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-03 09:40 | 街で見つけたモノ | Comments(0)

どのくらい考えたのか

ゆるキャラとB級グルメは、最近躍起になって新しい物が考えられ産み出されてます。(B級グルメを新しく生み出して、あたかもその土地の名物かのようにまつりあげられていることに違和感を感じますが。)

ヒットすればビッグなマネーを生むとあって気合が入るのもわかりますが、中にはまったくそういった野心が感じられないキャラクターもいるわけで、
f0228680_9424297.jpg

この「どんぐりくんとどんぐりちゃん」。ド直球、あまりにそのまんますぎる名前。せめて、「どんくん・ぐりちゃん」でも良かったんじゃないかと思います。いったいどのくらいの時間をかけて考えられたのか。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-06-02 09:48 | 街で見つけたモノ | Comments(0)