<   2011年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

『男はつらいよ』制覇

『男はつらいよ』全48作制覇しましたウンノです。

今年の4月から観始めていた『男はつらいよ』シリーズの最終第48作目『男はつらいよ 寅次郎紅の花』を昨晩観終わりました。
f0228680_9152087.jpg


このシリーズの後半から、渥美清の体調悪化、出演者たちの高齢化、当時の世相と寅さん映画の舞台とのズレ、観ていて切なくなることばかりでありましたが、最終作で見事に挽回しました。

渥美清が死去したことでこのシリーズは終了したわけですから、この48作目は最終回として撮られたわけではありません。
でも、この作品にはそこかしこに最終回にふさわしい雰囲気が漂ってました。

シリーズ最多出演のマドンナ、浅岡ルリ子演じるリリーの登場。
以前に出演していた、田中邦衛や芦屋雁之助が役名のない役で登場。
寅さんの過去の恋愛を振り返るシーン。

これらは意図して組み込まれたのか、たまたまなのか。たまたまだとしたらそれは奇跡に近いものだと思います。

エンディングは阪神淡路大震災の被災地、神戸。
新たに生まれ変わっていく被災地を見守りつつ、この世を去っていく寅さん、渥美清。

このエンディングにも奇跡を感じます。

この作品で終わってよかった。これ以前の作品で終わらなくて良かった。

それにしても僕の間の悪さがまた出たなあと思ったのは、来月12月からWOWOWで『男はつらいよ』全48作品一挙放送なんだそうです。これには驚いた。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-31 09:33 | 映画 | Comments(0)

「パディーズ」に行ってきました。

体重が順調に減ってきてますウンノです。

体重を減らしつつも、肉類をまったく食べないわけではなく、先日も近所の「パディーズ」という新しいお店にランチを食べに行ってきました。
f0228680_955238.jpg

f0228680_9552199.jpg

我が家から徒歩で約3分。信号機次第では約2分の、籠上の元パチンコ屋跡地にあります。

ここのお店は昼はビュッフェ式のランチ、夜は焼肉メインのディナーが楽しめます。

店内は新しいだけあって、清潔感があり客席もたくさんです。


f0228680_9582547.jpg

席にはタッチパネル式の端末があり、これで注文するわけです。

ランチはメイン料理を一品、それにパン、ライス、スープバー、サラダバー、ドリンクバー、デザートバーがついて1380円。メイン料理単品だと980円ですが、たぶんそれだけだとかなり物足りないので1380円でビュッフェをつけたほうが良いです。

僕は、メインはハラミステーキ。
f0228680_1022850.jpg


妻は、煮込みハンバーグ。
f0228680_103530.jpg


こういうビュッフェ式の場合は、メイン料理とライスやサラダなどの食べ放題の配分をバランスよく食べていくかという戦略が大事です。
メイン料理は熱々で美味しいからと言ってそれをさきに食べきってしまうとサラダでライスを食べざるを得ないわけです。
元を取ってやろうということで、サラダ山盛り、ライス二杯、スープ三杯、ウーロン茶二杯、アイスコーヒー二杯を無事メイン料理の最後の一口とともに食べ終えることができました。

美味しくて、満腹にもなりまして、満足と言いたいところでしたが、こういう食事をしたあとのちょっとした後悔。
「こんなに満腹にならなくても餓えるわけではないのに・・・」
「明日からウォーキングの距離をさらに伸ばさなきゃ・・・」
こんな感情が湧きあがって来たのですが、翌日体重計に載っても体重は増えてはいなかったので、ここでようやく完全な満足感を得られました。

お店の帰りに歩いていたら、
f0228680_10135646.jpg

「糞」の字の何かが足りない物体を発見しましたよ。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-30 10:16 | 料理 グルメ | Comments(0)

通販カタログの世界

ウォーキング途中の歩道橋に、
f0228680_10514649.jpg

ピアノの鍵盤をみつけましたよウンノです。

以前に通販カタログについて書いたことがありまして、今日も書いてみます。

普通にお店に行って売られていたらたぶん買わないのに、なぜかカタログに掲載されているのを見ると「これっていいかも」と思ってしまうことって誰でもありますね。

f0228680_10543041.jpg

この、高級感あふれる龍のお守りと、ハートのお守り。

f0228680_105536100.jpg

実は笛でした。
説明文がステキです。「!」が多いです。

f0228680_10573777.jpg

f0228680_1058161.jpg

モデルさんがいまいち乗り気でないのが伝わってきます。

さきほど「「これっていいかも」と思ってしまうことって誰でもありますね」なんて書きましたが、これはいらないですね。
でも売れてるんでしょうね。
通販カタログの世界は奥深い・・・
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-29 11:05 | 写真 | Comments(0)

三国志の武将のイメージ

いまさらながら『レッドクリフPART1』を観ましたウンノです。

昔っから三国志が好きだったんですが、上映時間が2時間半でなおかつ2部作ということで敬遠していたんですが、思い切って観てみたらなかなか面白かったと思いましたよ。
ストーリーに関しては突っ込みどころ満載で、首をかしげるところもたびたびでした。
でも、登場人物の見た目に関してはだいたいイメージ通り。欲を言えば、戦闘シーンなどに多用されたCGを減らして、そのぶん、関羽と張飛の身長をCG処理してもっとでっかくしてほしかった。(関羽は210cm、張飛は190cmくらいに)『ロード・オブ・ザ・リング』でホビット族の身長を低く処理できていたんだから可能だと思います。

そういった感じで、三国志ファンは、武将たちに関してそれぞれのイメージを抱いているものです。

僕が高校生の頃、友達同士で貸し借りしていた漫画といえば、横山光輝の『三国志』です。
柔道部内で流行ってまして、回し読みしてました。僕ら世代の三国志好きはこの漫画の武将をいまだにイメージとして持ってます。

一方ここ最近では『三國無双』シリーズというゲームに登場する武将のイメージが主流になっている気がします。
プレイヤーは気に入った武将を操作して暴れまくるゲームでありますが、このゲームにはイケメン武将たちがたくさん登場します。

そこで、『三國無双』のイケメン武将が、横山三国志ではどうだったかというと。

f0228680_9302910.jpg

呉の大提督、周瑜は、

f0228680_9311290.jpg

横山三国志では、こんな感じ。


f0228680_9321329.jpg

蜀の猛将、趙雲は

f0228680_933191.jpg

元柔道部の野球部員みたいな顔でした。


f0228680_934668.jpg

呉の凌統は、

f0228680_9344387.jpg

眉毛がつながってました。


f0228680_9351618.jpg

魏の軍師、司馬懿は、

f0228680_9355439.jpg

オッサンでした。


f0228680_9362851.jpg

呉の軍師、陸遜も、

f0228680_937498.jpg

ぽっちゃりしたオッサンでした。

さあ、果たしてどちらがリアルかというとそれは、横山三国志に決まってます。イケメンばかりの軍隊なんて世界中どこみたってありません。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-28 09:40 | 映画 | Comments(0)

昭府町あたりをガシガシ歩く

富士山では、
f0228680_12485260.jpg

物価が3倍スゴイネ!ウンノです。(清水のおじさんおばさん写真ありがとうございました。)

いつもはバイパスの側道を朝ウォーキングしているのですが、妻が一緒に歩くときは住宅街を歩いても不審がられないので、今朝は昭府町あたりを歩いてみました。

バイパスの上にかかる歩道橋からは、
f0228680_12524124.jpg


ついに開通したバイパスのトンネルが見られます。でもまだ片側一車線しか通れず渋滞はいつも通り。

f0228680_1253628.jpg

左側に見えるバイパスの降り口はやはり改善されず、降りてすぐの交差点では左折ができません。残念であります。

昭府町の公園にて。
やっぱりここにもいた!
f0228680_12572538.jpg

かわいくないパンダ。いままでいろんな公園でパンダを見つけてきましたが、かわいいパンダを見たことがありません。

僕が公園で懸垂している間、妻はブランコをすごい勢いでこいでました。

帰る途中の田んぼで、
f0228680_131745.jpg

『北斗の拳』のジャギ!?っぽい、

f0228680_1315539.jpg

と思って撮影したトラクターがありましたが、こうして見るとあまり似てないですね。

とある建物の外壁に、
f0228680_1324967.jpg

どろぼう

f0228680_1334910.jpg

どろぼう

f0228680_1342862.jpg

どろぼう

そして

f0228680_1352118.jpg

どろぼう。

なにやら不穏な空気が渦巻いてました。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-27 13:11 | 街で見つけたモノ | Comments(2)

お休みのお知らせ

明日25日火曜日と26日水曜日はお休みをいただきますウンノです。

通販雑誌は「イテテ」連発!
f0228680_10124420.jpg

イテテ!

f0228680_10131821.jpg

イテテ!!

f0228680_10134419.jpg

イテテ!!!

f0228680_10141372.jpg

イテテ!!!!
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-24 10:16 | 整体 健康 | Comments(0)

ねこじゃらしアダプタア

25日(火曜日)26日(水曜日)は連休とさせていただきますウンノです。

実家のネコ用に妻が「ねこじゃらしアダプタア」なるものを買ってきました。
f0228680_9184770.jpg

ねこじゃらしに接続します。
f0228680_9194843.jpg

そうしますとね、しゃがんだりしなくてもネコをじゃらせることが出来まして腰にも負担が無しです。見栄えも良い。
「薬丸印の新名物」をウリにしていたり、「アダプタア」という表記がちょっと狙いすぎかなとも思えますが気にしない。

f0228680_9245333.jpg

なんと、社名が「猫じゃらし産業」!!

f0228680_9261852.jpg

この接続部分の作りが秀逸です。どんなに強く振っても外れません。しかもMADE IN JAPAN。
こういうものこそスグレモノ(←古い)です。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-23 09:30 | 動物 | Comments(0)

リアルな顔

バキュバラバラバライト(両替してください)ウンノです。

『北斗の拳』や『クライング・フリーマン』など、劇画調の漫画では細部まで書き込まれ、リアルな画だとされています。
でもこういった漫画では主人公は昭和でいえばハンサムで、悪役は非常にデフォルメされた極悪な顔であり、どちらにしても僕にはリアルだとは思えません。
リアルな顔というのは、「あ!こういう人見たことある!」というのがホントのリアルな顔だと思います。

僕の中では、日本一リアルな顔を書く漫画家は東海林さだおさんです。

こんな顔や、
f0228680_12421481.jpg


こんな顔や、
f0228680_12431793.jpg


こんな「はっぴいえんど」状態の顔たち。
f0228680_1244215.jpg



昼間っからやってるような居酒屋や、浅草の場外馬券売り場周辺に行けばかならず同じ顔に出会えるはずです。

日本三大リアルな顔漫画家は、
東海林さだお、古谷実、ハロルド作石
なんではないかと思っております。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-22 12:49 | 趣味 | Comments(0)

CMを見てぼんやり思った

気温が下がって風邪気味の方が増えてます。体調管理にご留意くださいウンノです。

最近ボーっとCMを見ていてぼんやり思ったこと。

☆のど飴のCMは女性演歌歌手ばかり出てるなあ。

☆高橋英樹は必ず侍の恰好してるなあ。

☆佐藤隆太はどのCMでも叫んでる。

☆「リーブ21」の社長はかみ合わせが悪そうだ。大丈夫だろうか。

☆「アメリカンホームダイレクト」のCMの偉い社員の人の「だれでも」と言ったときの発音が気になる。

☆子供店長を最近見ないなあ。

☆「よもぎのちから」のCMソングは歌詞を詰め込みすぎだなあ。

以上でございます。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-21 10:04 | テレビ | Comments(0)

金の字最高!!

f0228680_12405337.jpg

酔っぱらって帰ってくると翌朝、記憶にない食べ物が台所にあることがありますねウンノです。


昨日は妻のお父さんに清水駅近くの金の字本店に連れて行ってもらいました。
f0228680_12431889.jpg


17時の開店時間まで15分ほど早く着いたので、
「清水の駅前銀座は今どうなっておるのか。」
ということでぶらっと歩いてきました。

f0228680_12453430.jpg

清水銀座と言えば今やシャッター通りの代名詞のように言われておりますが、まさにその名の通り。水曜日ということもあって休業日の店が多く、深夜のように通行人が少なくて切なくなってしまいます。
f0228680_12474711.jpg

妻が子供のころに行っていた、雰囲気のある外観のおもちゃ屋さんも定休日。

この日は風が強く気温も低いので、17時にあと5分というところで、金の字店内へ。

開店すると、どんどんお客さんが入ってきます。商店街のさびしい風景を見た後なので、どこにこんなに人がいたんだと不思議な気持ちになります。

お目当てのカレーモツの入った大鍋の前に陣取ってまずは大ジョッキのビールで乾杯。
f0228680_1252151.jpg

割りばしと同じ高さの大ジョッキには大瓶一本分以上入っています。

そして名物カレーモツ。
f0228680_12535915.jpg

やっぱり最高にビールに合います。
モツの内側に丸まっているところにカレーがあまり絡んでない部分がまた美味しいのです。

f0228680_12553424.jpg

この若鶏焼きは皮がパリッとして、肉は肉汁たっぷりでかみしめるごとに幸せな味がします。
付け合せのセロリと玉ねぎを和えてよくわからないけど美味しく仕上げたモノがまたビールに合います。

ほかに、
焼き鳥、レバー、タン串、おしんこ。妻は最後にあと2本カレーモツ。

腹がはちきれんばかりに堪能しました。
このお店は料理の出てくるタイミングがとても良い。ちょうどお皿が開くころに次の焼き物が出てくるので、手持無沙汰にもならず、一度に大量に来てしまうこともなく、常に熱い状態で食べられます。
最高のディナーでした。

駅前銀座がさびしくなっても、人が集まるところはにぎやかです。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-20 13:05 | 料理 グルメ | Comments(0)