人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ライオネスコーヒーキャンディー

これがユーモアってものなのか?笑っちゃうのか?ウンノです。
f0228680_933513.jpg



先月、横浜中華街の雑貨店「スージーウォン」(クレイジーケンバンドの横山剣さんのご両親経営のお店)に行った時、剣さんのお父さんが飴をたくさんくださいました。その中で
「これ、剣が好きな飴だよ。」
とおっしゃったのがこのコーヒーキャンデー。↓
f0228680_9373921.jpg

「ライオン菓子株式会社」の「ライオネスコーヒーキャンディー」

ライオネスって「ライオネス飛鳥」以来25年ぶりの単語。

包み紙を開けておもむろに口中へ。
f0228680_9401746.jpg

飴の表面にもライオネス。コーヒーの香りが口中から鼻腔へただよいます。脳内にエンドレスで流れる珈琲ブーガルー。珈琲キャンディー業界では一目置かれてるんじゃないかと思わせる大人の味でした。
クセになりそう。どこかで売ってないかしら。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-10 09:47 | 趣味 | Comments(0)

出勤中に見つけたモノ

マム若松町店リニューアルでいろいろ安くてステキですウンノです。

自宅から実家の整体院までは歩いて15分で、ウォーキングには少し物足りないので遠回りしてます。

水道町を歩いてまして、とある美容院の前のカンバン↓
f0228680_139993.jpg

これが黒木メイサだということは、ヤマトの制服を着ているのでかろうじてわかるのですが、このカンバンの裏の↓
f0228680_13113919.jpg

これはいったい誰なのか。誰なのか!

このカンバンは以前はサッカー日本代表の本田や、フィギュアスケートの高橋や、沢尻エリカなど話題の人物が描かれてました。
次はABZだろうか。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-09 13:19 | 街で見つけたモノ | Comments(2)

うさぎ彫ってみました。

来年は年男ですウンノです。

施術中は集中力が全開で高まりますが、施術以外の生活では年齢とともに集中力が続かなくなっております。
2時間の映画も集中できず、90分の映画で充分であります。

ここは一発、集中力を鍛えてみましょう!ということで、ひさかたぶりに消しゴムハンコを彫ってみようと相成りました。

ウサギを彫ってみましたよ。
f0228680_1649598.jpg


40分間集中してみました。
彫り終わったあとの心地よい疲労感。目が疲れました。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-08 16:53 | 趣味 | Comments(2)

『シルミド』

なぜか右肩が重辛いので10何年ぶりかで膏薬貼ってますウンノです。

朝鮮半島情勢の緊迫感が高まってきておりまして、ここは『シルミド』を観なくてはならん!ということで
TSUTAYAで借りてきました。

f0228680_1213429.jpg

実際の事件を元にした映画です。

北朝鮮の工作員部隊が韓国の大統領暗殺のため韓国に侵入した事件があり、その報復のため、
死刑囚や受刑者を鍛え上げ、金日成暗殺部隊を結成します。

ですが、韓国の方針転換で暗殺部隊は無用となり、韓国軍に抹殺されてしまうという、怨念無念渦巻くエンディングとなります。

先日の北朝鮮からの砲撃に対して、すぐに報復をした韓国の「やられたらやりかえせ!」の精神は
この映画からも感じることができます。
この精神は人間にとってとても大切なものです。時には感情的になることも必要だと考えさせられる映画であります。

この映画の俳優たち、イケメンなんて一人も出てきません。でも、どの俳優も苦虫を噛み潰したような暑苦しさと泥にまみれたイイ顔ばかりです。カッコイイとはこういうことです。
特に鬼教官役の「ホ・ジュノ」はこの映画と実際の事件の怨念を体現したイイ男です。

「細かすぎるモノマネ」の「みょーちゃん」の元ネタも出てきますよ。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-07 12:29 | 映画 | Comments(0)

「ン」と「ソ」と「シ」問題

空気が乾燥してきておりまして風邪をひいている方が多いです。皆様ご注意くださいウンノです。

ンとソとシのカタカナ表記がなんだかヘンという問題は、輸入食品のパッケージなどでよく見受けられます。
f0228680_11192474.jpg

↑例えば「農心ヅャパソ」

ほかに、「アソパソマソ」とか。

ですが油断をすると、日本人でも「ン」が「ソ」になってしまいます。
f0228680_112179.jpg

「キケソ」!!


以前、某カッパ寿司にて。受付に名前を書いて、席に呼ばれるのを待っていたら、
「二名様でお待ちのウシさまー。ウシさまー。」
との呼び出しがかかりました。
だれも、受付に向かいません。

数秒考えて、ポンと膝をうちました。
受付に向かい、名前を記入した用紙を見ると、
f0228680_11252881.jpg

「ウンノ」が「ウシ」に見えなくも無い。

海外から日本にやってきて日本語を学んでいる外国人の皆様の苦労がわかりました。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-06 11:29 | 街で見つけたモノ | Comments(0)

○○だと思ってたら××だった

IKABZ!(市川海老蔵!)ウンノです。

長年○○だと思ってたら××だったということがありますね。

「ベポラップ」だと思ってたら、「ヴェポラッブ」でした。

「バンデリン」だと思ってたら、「バンテリン」でした。

兄は「前田武彦」さんが元プロ野球選手だと思ってたらしいです。

妻に、「何かそういうことない?」とむりやり聞いてみましたら、
一生懸命考えた末に
「マサカリクサオ」だと思ってたら、「クサカリマサオ」だったとのこと。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-05 09:06 | 昭和 | Comments(2)

のすたる爺

みずあめせんべい!ウンノです。

先日、柳町のカーマホームセンターに行きましたら入り口すぐのイベントスペースにて、駄菓子屋フェアを開催してました。

「おばけのけむり」や「10円キャンデー」などありまして、
なんだか懐かしさに財布のひももゆるみ、水あめとミルクせんべいを購入。
f0228680_9143033.jpg

ミルクせんべいのパッケージの右下↓
f0228680_9152245.jpg

「お子さまから熟年まで」楽しめるお菓子だそうです。
中尾彬がコートの襟を立てて、あごをもみしだきながら食べる姿が目に浮かびます。

家に帰り、水あめのパックを開けて、昔ながらに割り箸に絡めようとすると
「ボキイっ」と割り箸が折れました。気温が低いので水あめの粘度が強かったようです。

なんとかからめとり、ミルクせんべいではさみました。
f0228680_9192658.jpg

ううむ、なつかしい。浅間神社のお祭りで買ってもらったことを思い出しました。
割り箸をグルグル回して白っぽくなるのを楽しみまして、味も「こんなんだったかなあ」と思いながらも、
一瞬のノスタルジーを堪能しました。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-04 09:24 | 昭和 | Comments(2)

まずは3級合格しました。

今年の流行語大賞は「ゲゲゲの~」だそうですねウンノです。
でもだれも「ゲゲゲの~」なんて会話をしてないのに。
「今日ゲゲゲっちゃったよ。」
とか
「ゲゲゲのっぽい身のこなしだね。」
など使われてこそ流行語だと言えるんじゃないかなあと思いました。

先日受検した漢字検定3級の合格通知が届きました。
f0228680_9275526.jpg

ゲゲゲの合格でした。

得点は200点満点中189点。
f0228680_9285092.jpg

僕は悪筆なので、書き取り問題に不安がありましたが、審査員にも読める字を書いていたようでした。
苦手はやはり部首問題。ブッシュ問題。5問中3問間違ってました。

ちなみに平均点は140点。合格率は49.5%。
あの会場の半分は不合格だったんだなあ。
高校受験を有利にするために受けていた中学生たちの半数は不合格だったんだなあ。
そして趣味程度の気軽な気持ちで受検した大人(僕も含む)が合格したんだなあ。
などという不謹慎な感情が湧いてきて、「イカンイカン」と反省しました。

次回は2月。今度は準2級にゲゲゲの挑戦します。

by gotsutei | 2010-12-03 09:38 | 趣味 | Comments(2)

記憶の糸

今の時期オススメの映画は『シルミド』ですウンノです。

ふだん映画を観るというのは、ほとんどレンタルで映画館で観るのはちょっとしたイベントです。
なので大学生のころから現在まで、数少ない映画館での鑑賞は、「何をどこで観たか」ということをほぼ憶えています。


『ロスト・ハイウェイ』新宿
『ゲット・ショーティ』新宿

『フロム・ダスク・ティル・ドーン』町田
『ミッション・インポッシブル』町田

『リストランテの夜』恵比寿

『デスペラード』静岡
『フェイク』静岡

『危険な動物たち』新百合ヶ丘
『マスク・オブ・ゾロ』新百合ヶ丘
『スクリーム2』新百合ヶ丘

『バトルロワイヤル』名古屋
『キルビル』岐阜

『ドーン・オブ・ザ・デッド』清水
『ゾディアック』清水

『連合赤軍 あさま山荘への道』静岡
『理想の彼氏』静岡
『小さな命が呼ぶとき』静岡
『エクスペンダブルズ』清水

それでですね。あともう一本、静岡のサールナートホールで3年ほど前に映画を観ている筈なのですが、
その映画が何だったのかまったく思い出せません。
何とかして思い出さないと気持ちが悪いのですが、どうしたものだろうか。人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-02 09:37 | 映画 | Comments(0)

押し出しの強い顔

鶏の砂肝はものすごく美味いですウンノです。

大人になったら大人なりの言葉を使うのが大人のたしなみってなものです。
大人独特の言い回し。
「鎮座ましましている。」
とか
「やぶさかでない。」
とか
「すわ!」
とか
「うんぬん」
など。

こういう言葉を会話にごく自然に組み込むのが大人のたしなみですね。
語感を楽しむといいましょうか。
まだまだ僕には難しい。

最近気になる言葉
「押し出しの強い顔」

時々耳にしたり、目にします。
この言葉、どういうタイミングで使えばよいのか。

三省堂 新明解国語辞典 第四版 小型版
1991年2月20日 第三刷発行
で調べてみると、
「押し出し」
①押して出すこと(した物)「鬼―(噴火の際流出した溶岩・泥流が固まったもの)」
②(すもうで)相手が土俵際で踏みこたえようとするのを、押して出す技
③人中へ出たときの態度、風采。「―が立派だ。」

たぶん③の意味で、「あの人は押し出しが強い顔だなあ」と使うのですね。

テレビで張本さんや勝間和代さんが出てきたら
「押し出しが強い顔だなあ」
と使うのが正しいのですね。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-01 10:30 | 趣味 | Comments(2)