カテゴリ:音楽( 19 )

新春コワいジャケットショー

「ドンゴロスの松」ってなんだっけ?ウンノです。

世の中新春のめでたい雰囲気の中、それを打ち消すような、怖いCDジャケットについて書きます。
ここで言う「怖い」というのは、ストレートにドカンと来る怖さではなくて、後から、特に入浴中や布団に入って眠りにつく前にふと思い出してしまうような怖さです。

たとえば、
f0228680_9474384.jpg

これ。ブラック・サバスの『BLACK SABBATH』。夢に出そう。

f0228680_9494446.jpg

「クレシダ」の『asylum』。昔のACのCMっぽいです。

日本のミュージシャンで怖いジャケットと言えば「ゆらゆら帝国」です。
f0228680_9574831.jpg

この『3×3×3』の、蛭子さんの絵に、映画『溶解人間』を混ぜ込んだような感じのジャケットは心理学テストを受けさせられているような不安感を感じます。

それで、「ゆらゆら帝国」の中で一番怖いのが、
f0228680_10101.jpg

f0228680_1011659.jpg

『ゆらゆら帝国のめまい』の歌詞カードの表紙と裏表紙。
長時間じっと見ることができない怖さです。こんなのがチェーンメールで届いたら一生記憶にこびりつきそうです。
新春そうそう怖いの載せてごめんなさい。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2013-01-06 10:07 | 音楽 | Comments(0)

秋の夜長のジャケット鑑賞

f0228680_9534827.jpg

ヘイ!って呼びかけられてるみたいですウンノです。

昨夜、
f0228680_9544258.jpg

『ヒプノシス』の写真集を観ていて、ふと自分の持ってるCDジャケットをいろいろと見かえしてました。

やっぱりお気に入りは、
f0228680_9561861.jpg

くりむぞう。

f0228680_9564574.jpg

牛。

f0228680_957680.jpg

ブレアウィッチっぽい、ブラックサバス。

f0228680_9574235.jpg

『ソウルパンチ』もカッコイイです。車のボンネットにこうやって座るのは男のあこがれ。

井上陽水の、
f0228680_9584569.jpg

これと、
f0228680_9592698.jpg

これは、とても同じ人のアルバムとは思えない。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2012-09-29 10:01 | 音楽 | Comments(0)

テイチク・プリースト

今度の水曜日は健康診断!!ウンノです。

最近、人生何度目かの『ジューダス・プリースト』ブームが巻き起こってます。

ジューダス・プリーストというのはイギリスのヘヴィメタルのバンドです。平均年齢60歳くらいですが老いてますますさかんなグループです。

f0228680_9362518.jpg

こんな風貌の露骨な集団です。

誰でも高校生の頃って、
「日本の歌謡曲より洋楽ロック!!」
と背伸びしたくなる時期に当たりますね。
僕は、バンドをやってた兄の影響でそんなハードなロックを聴きたいんだけれども、でも何を聴いていいのかわからない。兄の聴いてるのと同じだと真似っこしてるみたいだなあと思っておりました。

そんなとき音楽雑誌をみていて目に飛び込んできたのが『ジューダス・プリースト』でした。
いかにも高校男子が好みそうなバンド名とトゲトゲした風貌。
「これだ!」
と思って、すみやに行ったんですが、どのアルバムを買えばいいのかわかりません。そこで、
『ベスト オブ ジューダス・プリースト』
というテイチクレコードから出てる、
f0228680_9432360.jpg

この武者ジャケットのCDを買いました。

今、このCDを聴くとなかなかイイ味出してるなあと思うんですが、買った当時はガッカリしました。雑誌に載ってたバンドの雰囲気と全然違う。でもモッタイナイからしばらくこればっか聴いてました。
その後別のアルバムを買うようになって、やっぱり間違ってなかったんだと思うようになってこのバンドのファンになっていったんですが、ジューダス・プリーストはこの
「ベストと言っておきながら、最初の二枚のアルバムからのみ選曲」
という怪しいベスト?盤で新しいファンをずいぶん逃してるんではあるまいかと思いながらも最近はこればっか聴いてます。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2012-07-09 09:52 | 音楽 | Comments(2)

英語をカタカナ表記するのって難しい

先日のケンミンショーを見てたら、
f0228680_922696.jpg

あ!懐かしい!大山総裁のシルエットですねウンノです。

ハードロックバンドの、
f0228680_934156.jpg

『ヴァン・ヘイレン』が、

新聞のテレビ欄では、
f0228680_943197.jpg

『バン・ヘーレン』でなんだかパン屋さんみたいになってました。

さて、明後日の27日(火曜日)はお休みをいただきます。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2012-03-25 09:07 | 音楽 | Comments(0)

70年代~80年代のロック雑誌

f0228680_118109.jpg

ぱっつんぱっつんぱつんぱつんつんつん漬けですウンノです。

実家にあったこの本。
f0228680_1192358.jpg


70~80年代のロック雑誌の記事をまとめた本です。
この本にはVOWでも有名な、
f0228680_1110298.jpg

『モートレイ・キュアー』(正解はモトリー・クルー)が載ってます。

この時代の記事の文章やイラストが、なんだかロックなのに昭和感プンプンでいい感じです。
誤植もあります。

f0228680_11123779.jpg

f0228680_11131148.jpg

「パラト1」

f0228680_11133873.jpg

不良っぽいロッカーは語尾に「よ」とか「さ」をつけるのがお約束。

f0228680_1115789.jpg

この雑誌では末尾の「ぞ」は必ずカタカナの「ゾ」です。

イラストも時代を感じさせるタッチです。
f0228680_11174592.jpg

f0228680_1118211.jpg

f0228680_11181711.jpg

なんか中途半端に顔デカシ。

f0228680_11192591.jpg

この記事のインタビュアーは、アンガス・ヤングの見た目よりも意気込みよりも、話し方が一番印象に残ったようです。

なんだか全体的に編集者と読者が友達感覚といいましょうか、距離感が近しい感じがしていい時代だったんだなあという気がいたします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2012-03-16 11:24 | 音楽 | Comments(0)

フレディ先輩

『サザエさん』は大人になってからこそホントの面白さがわかると思いますウンノです。

先日Queenの『グレイテストヒッツ』というビデオクリップ集を久しぶりに観ました。

ボーカルのフレディ・マーキュリーと言えば、短髪、ヒゲ、上半身裸のイメージをみなさん持っていると思います。
ですが、1973年にデビューしてしばらくは、なんかフアフアした衣装を着て長髪で、いわゆるロックシンガーっぽい外見でありまして。このビデオクリップ集だと『Killer Queen』のころです。
f0228680_9294797.jpg


それが、だんだん、変わっていくんですが、
f0228680_930332.jpg

やや、髪を短くして、上半身を露出したり、

f0228680_9311647.jpg

つなぎを着るようになっていって、

f0228680_9314885.jpg

最終形でこうなっていきます。カップヌードルのCMでもこのあたりのフレディ先輩の映像でした。

いまでこそ、この短髪マッチョなフレディ先輩がスタンダードになっているんですが、当時リアルタイムで観ていたファンたちはどう思っていたんだろう。「なんかおかしいことになってるな。」と感じていたでしょうか。

たとえば日本でもビジュアル系というジャンルのバンドが、歳を重ねていって、化粧が薄れて髪が短くなり落ち着いた雰囲気になってはいくんですが、ここまでの劇的な変化というのは他にはないんじゃないか。

そして、なにより興味深いのは、初期のQueenを観ていた人が何らかの事情で10年ほどQueenを観ることができずに、間を飛ばして久しぶりにフレディを観たときにはどんなくらいに衝撃をうけたんだろうか。
絶対に「ウソだろ!!」って叫んだと思います。
学生時代の友人に久しぶりに会ったら、頭がさびしくなってたということの数倍は驚いたと思います。二度見したと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2012-03-06 09:45 | 音楽 | Comments(0)

いすゞのトラックのCMソングがグルグル

朝6:00から花火あげるのはやめてほしいですウンノです。

僕の父は単身赴任で東京に住んでおり、毎週末に静岡へ帰ってきます。
今年のアナログ放送終了をきっかけに、東京のマンションではテレビを観なくなりまして、ラジオ生活を送っているそうです。

それでですね。毎朝聴いているレディオ番組で、「いすゞのトラック」のCMが流れるそうでして、そのCMソングがお気に入りになってしまったのだそうです。
そして、父が一人で聴いているぶんにはなんの問題もないのですが、静岡に帰ってくるたびに、youtubeで再生して、みんなに聴かせるのには少し困っております。
こないだ眠れない夜、ディラン効果で頭の中を「は~しれ、はし~れ~いすゞのトラック~♪♪」とエンドレスにグルグル再生されてしまいました。

さてこういうときどうしたらいいんでしょうか?
yahoo知恵袋にでも投稿してみたらよいのでしょうか。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-10-02 14:43 | 音楽 | Comments(0)

イケメンチェリストが心配

昭和はハンサム平成はイケメンですねウンノです。

クロアチア出身のイケメンチェリスト「2cellos」
という2人組が巷で話題なんだそうです。
f0228680_918395.jpg

チェロで、マイケルジャクソンやガンズ&ローゼズなどのロックを演奏するんだそうです。

こないだ、朝の情報番組で紹介されていたんですが、その時どうも他人事ながら心配されるようなナレーションが。

エルトン・ジョンのコンサートツアーに参加」
ジョージ・マイケルからも注目されている」
云々。

これ、わかる人にはわかることですが、非常に心配です。
大丈夫だろうか。
特に写真の左側の人。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-09-09 09:27 | 音楽 | Comments(2)

宝泰寺 -お月見の会- のお知らせ

洗濯物の量がすごいですウンノです。

静岡で、ちょっと良い映画、心に沁みる映画を観るなら、「静岡シネギャラリー」と相場は決まってます。
「静岡シネギャラリー」は宝泰寺という葵区御幸町のお寺が運営している「サールナートホール」という建物の中にあります。ちなみに、ウンノ整体のリフレクソロジー担当の妻は、リフレの日以外はシネギャラリーさんにお世話になっております。

ほいでですね。
来たる9月22日にサールナートホール向かいの宝泰寺にて、
「宝泰寺 -お月見の会-」
が催されます。
f0228680_9152792.jpg

月を愛でながら、クラシック音楽、映画音楽、ケルティック音楽を楽しむ粋な催しです。
演奏するのは『REPRETONE(レプラトーン)』という女性3人グループです。

以下、チラシより引用↓

REPRETONE(レプラトーン)」
1年間アイルランドでフィドルを学び、2008年9月に帰国した奥貫史子を中心にpercussion/marimba森田愛美加、piano/keyboard熊井麗音によって結成された同級生ユニット。楽曲はアイリッシュ伝承音楽の旋律をベースにジャズ、ボサノバ、ポップス等のエッセンスを織り込んだ独自の世界を展開している・・・


「お月見の会」
2011年9月22日 18:00会場  18:30開演
会場  宝泰寺
出演  REPRETONE(レプラトーン)
料金  一般:2500円
     静岡シネギャラリー会員:2200円(4枚まで同額)

主催・お問合わせ
サールナートホール [054-273-7450]

ウンノ整体にもチラシを置いておりますので興味のある方はぜひお持ちください。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-09-06 09:31 | 音楽 | Comments(0)

英国王と日本のロック

『英国王のスピーチ』オスカーとりましたね!サールナートホールさんおめでとうございますウンノです。
今日現在、静岡市周辺ではこの映画はサールナートホール内のシネギャラリーでしか上映されてないのでみなさんこぞって行きましょう!!

ロックと言えば英国ですが、日本も独特のロックの歴史があります。
実家にて、『別冊太陽  日本のロック50’S~90’S』
という本が発見されました。

僕が大学生のころ古書店で購入。
けっこう貴重な写真が載っています。

f0228680_9202759.jpg

『ルビーの指輪』のずっと前。グループサウンズ「ザ・サベージ」の”半落ち”寺尾聡さん。


f0228680_9222661.jpg

「シャープホークス」在籍時のホタテマン安岡力也さん。


f0228680_9233339.jpg

おばあさん化する前のムッシュかまやつ。

ほかにも、メイクをバッチリ決めている「ロッカーズ」時代の陣内孝則さんや、
『泣かないで』のずっと前「クールス」時代の舘ひろしさんなどなど、
今や俳優としての活動のほうが有名な方々のロックな姿が発見されて面白いです。

これだから、『別冊太陽』シリーズは油断がなりません。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2011-03-01 09:33 | 音楽 | Comments(0)