人気ブログランキング |

2015年 07月 03日 ( 1 )

ダンボールの置き方と摩擦とゾンビ

ジョージ・A・ロメロの映画『ゾンビ』を無性に観たい衝動に駆られることが年に数回あります。その都度、DVDを引っぱり出してきて、安いビールとともに見ること何十回。観るたびに「ここをこうすれば助かるのに」と一人心の中でつぶやいているくらいなのでいまだに楽しんでいるようです。

こないだも観ていて「これじゃあだめだ」と思ったことがあります。
f0228680_9444653.jpg

1体のゾンビが室内に侵入しようとしているので、女性の登場人物がダンボールを、この写真のようにドアの前に積んで開かないようにします。でも、積まれたダンボールは倒されてドアが開いてしまい、ゾンビは室内へ。女性は大慌て。

f0228680_94854.jpg

映画では1のように積んでます。これがもし2のようにダンボールを置いたら、床との接地面が広く摩擦が大きくなり、たいして力の強くないゾンビ1体なら開けられなかったんじゃないだろうか。

でも、この女性が冷静に対処して、たばこの一服もしながら気長に助けを待ってたりしていたら、観ているほうも緊張感なくなりますね。

by gotsutei | 2015-07-03 09:54 | 映画 | Comments(0)