人気ブログランキング |

2014年 03月 14日 ( 1 )

長谷通りの建物

長谷通りがなぜ昭和っぽさが残っていると感じられるかというと、いくつかのグッとくるような建物が見られるからです。

f0228680_949281.jpg

長谷通りの石鳥居。この鳥居の右側にも今や少なくなってきた、下に商店、上は住居の団地があります。

f0228680_9505315.jpg

f0228680_95199.jpg

街道沿いにありそうな民家。玄関の電燈や、二階の窓のあたりの格子から見ると何かのお店だったかもしれません。

f0228680_953162.jpg

銭湯「天神湯」。このあたりではおそらくここ一件が現役だと思います。

f0228680_9542516.jpg

屋根の装飾がグッときます。

f0228680_955290.jpg

手前の木が印象的なので撮ってみました。

f0228680_9554155.jpg

この狭い道を静岡マラソンで約1万人が走ったかと思うと、映画『黒い絨毯』を思い起こします。

f0228680_957556.jpg

これも現役の床屋さん。

f0228680_9573150.jpg

これはもう営業してません。たぶんお蕎麦屋だったと思われます。

f0228680_958832.jpg

ここは有名な駄菓子屋さんの「ふくよし」。この日は休みでした。
妻がこの店に以前に行ったとき、店のご主人が、
「最近は子供が減ってきてるけど、大人が懐かしんでこの店で大人買いをしてくれるんだよ。」
と話してたそうで、こういう商店街がこれからもやっていけるヒントがここにありそうです。

静岡県 ブログランキングへ

by gotsutei | 2014-03-14 10:03 | 街で見つけたモノ | Comments(0)