夢に見そうな路地3

安西学区は下町といった雰囲気でグッとくる、夢に見そうな路地がいくつかあります。古くて趣のある住宅が密集しているためだと思われます。
ウィキペディアで葵区を調べてみると、葵区を構成する街区分について書かれているのですが、

第2ブロック(安西、田町、駒形)家屋密集地区で2000年の連続放火では被害が拡大。
安倍川花火大会ではさらに人が集まるので車が道路を通れなくなる。
静岡の地場産業である中小の木工関係を営む事業所が多い。
薩摩土手は家康の命で、江戸時代に薩摩藩(現鹿児島県)の人々によって安倍川を藁科川に合流させるために造られた。薩摩土手の一部は現在「さつま通り」と名付けられ幹線道路の静岡環状線の一部をなしている。

こういうところを歩くのが大好物。

f0228680_1237522.jpg

安西小の校庭側の道を、しずてつストアに向かって歩いていくと、古い建物の契約駐車場があります。
そこに僕好みの路地の入口があります。

f0228680_1238667.jpg

f0228680_12382354.jpg

f0228680_12384237.jpg

この建物の壁なんてすごくいい感じです。

f0228680_12393183.jpg

以前にこの路地に吸い込まれた時にはここまでの行き止まりで引き返したんですが、

f0228680_12435287.jpg

見落としていた、曲がり角がありました。なんだか、新しく曲がり角が生まれたような不思議な感覚におちいります。

f0228680_12452062.jpg

すごくいい感じの道幅!数台見かけた車がみんな軽なのも納得です。

f0228680_1246292.jpg

さらにまっすぐ行って、

f0228680_12465613.jpg

右手を見るとしずてつストア。なるほどここに出たか。

静岡県 ブログランキングへ
[PR]

by gotsutei | 2014-06-20 12:49 | 静岡 | Comments(0)