人気ブログランキング |

思春期の「お」抜き言葉

f0228680_922430.jpg

寅次郎が寝てる時の、首周りの肉が寄せ集まったところが好きですウンノです。

どうでもいいことをふと思い出したんですがね。
思春期の男子、だいたい小学校高学年から中学生くらいの時期になると、だれでも
「お」抜き言葉を使うようになります。

それまでは、
「お味噌汁」と言ってたのを「味噌汁」
「お弁当」を「弁当」
と呼んだりします。
「お」を付けていると、周りから子ども扱いされるといった雰囲気がありましたので、ちょうど毛が生えてくるころにこういう変化が起こります。ちなみにこの時期から、自分のことを「おれ」と呼ぶ子たちが増えてきます。

それでですね、ある時期、同級生が
「お年玉」のことを「年玉」と当たり前に言っていたときに、同じく思春期であった僕は非常に違和感といいますか、なんだかこっぱずかしさを感じました。

「お年玉」は「お」も含めて一つの単語だと思ってましたので、
「だったら君は”年玉”で”もちゃ”を買うとでも言うのかい?え?」
と腹の中で思ってました。
だいたい大人になりたくて背伸びして「お」抜き言葉を使ってるのに、「お年玉」の話題になっている時点で子供じゃないかと言いたかった当時の僕はかなりひねくれていたようです。

というどうでもいいことをこないだ寝る前に思い出した僕はいまだに思春期から抜け出せていないようです。

人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2012-06-12 09:38 | ふと、思った | Comments(2)

Commented by Auggie Wren at 2012-06-13 23:00 x
伊集院云うところの中二病ですかね。苦いコーヒーを飲み出すとか洋楽を聞き出すようになるなど。
Commented by gotsutei at 2012-06-14 09:36
中二病と言えば、『スーパー!』っていう映画は中二病をこじらせたような大人が即席ヒーローになって暴れる(『キックアス』みたいな爽快感はあまり無い)お話でなかなか良いです。