人気ブログランキング |

「金泉軒 美川町本店」の店主は豪快

ニコラス刑事ならやりかねないって思ってましたよウンノです。


昨日は仕事の後に「金泉軒 美川町本店」に妻と行きました。
f0228680_1072085.jpg

このお店は、静岡のラーメンを特集した本には、ほぼ必ず登場する老舗です。ですが、僕らは行くのは初めてでした。

場所は、辰起町のファミリーマートからバイパスの平和ICへ向かう途中に案内カンバンがある角を左折します。周りは団地、工場、住宅。夜になると周囲はかなり暗い場所に一箇所、この店だけが幻のように煌々と存在感たっぷりで建っています。

月曜の夜ということで、お客は最初は僕らだけ。
テレビが大音量でかかってましたが、僕らが入店すると、テレビを消して、ムードミュージックを流し始めた店主の心配りがなんだか嬉しい。

ワンタンメン、海鮮あんかけチャーハン、餃子、瓶ビールを注文。
瓶ビールが大瓶なのがまた嬉しい。

僕の両親が以前にこの店に行ったことがありまして、
「金泉軒の主人は、ものすごくしゃべる!!ずっとしゃべってる!!」
と言ってました。
はたして、ほんとにそんなにしゃべるのか。今のところまだ静かでしたが、
サービスの中国茶の注文を聞きに来たときにどうやらスイッチが入ったようで、どんどん話しかけてきてくれました。初めてここに来た僕達をほったらかしにしないとても親切な主人です。でも声がでかくて豪快です。

注文した、あんかけチャーハンやワンタンメンを運んでくれたときには、こちらが言わずとも取り皿もたくさん用意してくれて、レンゲもたくさん、テーブルの上にレンゲが5本。

昔、韓国旅行記で読んだのですが、ある焼き肉屋さんでは、肉を焼いてサンチュに巻いてお客の口にまで運んでくれるオバチャンがいた云々という記事がありまして、ふとそれを思い出しました。


ワンタンメンのスープは薄口で、でも芯にしっかりとした味があって麺も好きなタイプでした。チャーハンも絶品、餃子は移動販売車もあるぐらいの自信作らしくこれもおいしかった。

あとから来たお客さんは近所の常連のようで、居酒屋感覚で来ているようでした。
なんだか心地好かった。
ひさしぶりに、これから何度も行きたくなる店を発見しました。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2011-04-19 10:09 | 料理 グルメ | Comments(0)