人気ブログランキング |

ホントに憎らしかった悪役その1

f0228680_9132936.jpg

このカンバンすごくイイ味出してますウンノです。

いろんな映画を観ていて、
「ホントにもう、こいつは憎らしいなあ!!おい!!」
という悪役について書いてみたいと思います。


まず、観ていてイヤーな気分になった悪役二人組、
f0228680_9164548.jpg

『ある戦慄』のトニー・ムサンテとマーチン・シーン。
ニューヨークの地下鉄で酔って暴れまわり、他の乗客にからみまくります。日本でも深夜に電車に乗って、
「ああ、こいつにからまれたくないなあ。近くに来ないでくれ。」
ということを経験したことがある人はたくさんいると思います。
まさにそんな嫌な気持ちを呼び起こさせる二人です。この二人がクライマックスで片腕骨折中の軍人にぶっ飛ばされるところはカタルシスです。


『エイリアン2』で、エイリアンを研究するために地球に持ち帰ろうとして、主人公に寄生させようとした、ウェイランド社社員を演じた、ポール・ライザーもかなり嫌な悪役でした。とにかくズルイです。


『死霊のえじき』で、ゾンビが大量発生した地上を捨て、地下に逃げた軍人、科学者達を、暴力で支配している、大尉を演じたジョセフ・ピラトーもホントに嫌な悪役です。
f0228680_9282575.jpg

こころなしか、リビアのカダフィ大佐にも似た顔。


今日の悪役は、
・身近にありえるリアルな悪
・ズルイ悪
・ヘンナ人に権力持たせると大変なことになる悪
の3本をお送りいたしました。

次回は、
・冷たい悪
・超暴力的な悪
・憎すぎをこじらせて愛情を感じた悪
の3本です。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2011-04-12 09:35 | 映画 | Comments(0)