人気ブログランキング |

押し出しの強い顔

鶏の砂肝はものすごく美味いですウンノです。

大人になったら大人なりの言葉を使うのが大人のたしなみってなものです。
大人独特の言い回し。
「鎮座ましましている。」
とか
「やぶさかでない。」
とか
「すわ!」
とか
「うんぬん」
など。

こういう言葉を会話にごく自然に組み込むのが大人のたしなみですね。
語感を楽しむといいましょうか。
まだまだ僕には難しい。

最近気になる言葉
「押し出しの強い顔」

時々耳にしたり、目にします。
この言葉、どういうタイミングで使えばよいのか。

三省堂 新明解国語辞典 第四版 小型版
1991年2月20日 第三刷発行
で調べてみると、
「押し出し」
①押して出すこと(した物)「鬼―(噴火の際流出した溶岩・泥流が固まったもの)」
②(すもうで)相手が土俵際で踏みこたえようとするのを、押して出す技
③人中へ出たときの態度、風采。「―が立派だ。」

たぶん③の意味で、「あの人は押し出しが強い顔だなあ」と使うのですね。

テレビで張本さんや勝間和代さんが出てきたら
「押し出しが強い顔だなあ」
と使うのが正しいのですね。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-12-01 10:30 | 趣味 | Comments(2)

Commented by Auggie Wren at 2010-12-02 01:15 x
「とりあえず様子見で」といって事無きを得るのが大人の常套句です。
Commented by gotsutei at 2010-12-02 09:40
「ためつすがめつ」も上手く使ってみたいですが、意味もよくわからないので、とりあえず様子見で使ってみます。