人気ブログランキング |

徐々に徐々に消えていく屋号

街を歩いていて気になるのは、変なカンバンだけではありませんよウンノです。

昔は何かしらの商売をしていて、現在は店を閉めて住居となっている家を見るのが好きです。
しかも、当時の屋号が建物の正面に直接ペンキなどで書かれていて、今では徐々に風化しながら
うっすらと文字が読める状態のモノがグッときます。
カンバンが残されていたり、屋号が後付けで立体的なモノはあまりグッとこないです。
文章で説明しても、なんだかよくわからないと思いますので写真を載せてみます。

f0228680_10101614.jpg

例えばこんな感じです。
入り口の上にうっすらと「石材店」の文字が残ります。

f0228680_10111899.jpg

文字がまだはっきりしてるのもあり、完全に消えた部分もありなのもグッと来ます。

f0228680_10123436.jpg

これが一番のお気に入りです。錆が生じて、文字が反転してるところが素敵です。

最近、建設中のスカイツリーの写真を撮影するのがブームらしいですね。完成してしまってはもう撮る事ができない建設中の状態は今だけしか見られないからだそうです。徐々に出来上がっていく過程を記録するためという人もいます。
僕が、徐々に消えていく屋号ににグッと来るのもそれと同じなんだろうと思います。
カンバンや立体的なサインだったら取り外して「はい、おしまい」です。
「徐々に消えていく」のが良いんです。時間をかけて消えていくのが良いんです。
人気ブログランキングへ

by gotsutei | 2010-10-09 10:23 | 街で見つけたモノ | Comments(0)